便秘になると吹き出物が増えます。そうならないように気をつけましょう。

●食物繊維は大切です。

食物繊維と言われてもどうしたらいいかわからないですよね。
摂り方としては、野菜でとるのが1番簡単ではないでしょうか。
他にも、寒天も食物繊維がたっぷりだと聞きます。
ただ食べるのではなく、しっかり水分をとって食物繊維が腸の働きを活性化している手助けをするようにしてください。


●適度な運動を心がける。

腸の働きに運動は関係ないと思う方も多いとは思いますが、運動をすると汗をかきますよね。すると、おしっこがしたくなりませんか?それは、体の中の水分が汗だけではなく尿としても出るからです。
それと同じで、体の中の老廃物が体を動かすことによって腸が動かされて便として出ます。
疲れるほど運動をしなくてもいいですが、多少汗をかく程度の運動は意識してやってみてください。


●あまり意識をしない。

トイレに行って、「早く出さなきゃ」と思うと意外と出ないものですよね。その後に違うことをやり始めたり考え始めると、トイレに行きたくなるんです。
だから、あまり便を出そうと意識しないことが大切です。
焦るといつも出来ることがいきなり出来なくなってしまうのと同じです。
便意が来るまで、焦らないことです。そして、便意が来たときには我慢せずにトイレへ行ってリラックスするようにしてください。


●お腹のマッサージはしましょう。

お風呂に入った時や寝る前に軽くお腹を叩いて腸に振動を送って働くように促してください。
あまり叩きすぎると、お腹が打撲のようになったり痛みで腸の働きを促せなくなりますから、軽く腸のある周辺などを叩いたり下腹部を叩くようにしてください。
お腹にも力を入れずに、リラックスしてください。ベッドの上に寝ころがってやってください。
他にも、下腹部を"の"の字に さする方法もあります。
なぜ、"の"の字かと言うと、体の中で腸は"の"の字になっているからです。だから、腸の形に沿ってさするようにしてください。

鳩撃退ならP-CON

鳩撃退ならP-CON

豊中のアパマン賃貸

離婚に関する法律相談はこちら